三浦貴大主演 映画「栞」の主題歌に7本指のピアニスト 西川悟平の「Winte..(株式会社NexTone プレスリリース)

✋ 日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状の悪化など、理学療法士として何ができるのか自問自答の毎日で無気力感に苛まれる。 もし夢が叶ったら必ず招待する」 西川さんの夢が叶ったとき、ポスターを見た泥棒から連絡がありました。 メロディーがきれいだな、とか、美しいものにひとつひとつ感動しながら弾いてもらいたいですね。

なぜニューヨークでピアノを弾いているのか〜私を変えた3つの出来事〜

⌚ でもその当時、仲良くしていたアメリカ人やオーストラリア人の友達に「なんで行かないの?」「行ってみてダメだったら、帰ってくればいいんじゃない?」と背中を押されて、やっとコンサートから数か月後に、N. 15歳から受験まで毎日、それを繰り返したおかげで、現役で大阪音楽短期大学に合格することができました。 これは、 「リアム・ピッカー」というアメリカのピアニストが作った曲なのですが、 どうしてこの曲を西川さんが弾くようになったかという、 馴れ初めストーリーをご紹介します。 軌跡を紐解きながら3人の深い絆にサワコが迫ります! 2021年1月9日 舘ひろし ゲストは、俳優の舘ひろしさん。

『7本指のピアニスト西川悟平さんのスピリチュアルエピソード』winter編 ミッションビジネスコンサルタント通信 vol.34

🐲 7本指になったからこその出会いもあった。 病気になってから数年かけて、7本の指が使えるようになって、ようやく1曲弾くことができるようになりました。

なぜニューヨークでピアノを弾いているのか〜私を変えた3つの出来事〜

😒 ディレクションを始め、撮影、編集、VFXなど映像制作に必要な技能全てを身につけ元理学療法士という特異の経歴から得た感性を武器に、独自の世界観を作り上げるという「感性と技術が融合した」新しいタイプの次世代監督の一人。 そこには、ある人の大きな支えが…。 そのくらい、ピアノに魅了されたんです。

7本指のピアニスト西川悟平さん、聴衆の「魂」を揺さぶる感動の旋律はどのように生まれた?

🙏 中学時代の恩師との出会いから、15歳でピアノを始め、周囲の心配をよそに、音大合格、そしてピアニストへ。 ある日、ピアノの調律師さんから「N. 「報道ステーション」では、メインキャスターを務める古舘伊知郎さんの隣りでサブキャスターを務めてきました。

14

18歳でこの世を去ってしまった少年リアム・ピッカーの最期の夢を叶えてあげたい。

🐝 リアム・ピッカー氏と対話することができなくても、彼がどのような背景や思いのもと、楽曲を作ったのか、奏者としての思いを巡らせました。 でも、一度座ってしまえば、練習できる。 患者と向き合う中で、苦悩、葛藤しながらも、懸命に前を向き、成長していく理学療法士の青年を三浦貴大が演じる。