とんがらし@水道橋|揚げたて天ぷらの立ち食い蕎麦 ちくわ天そば(340円)

👋 てっきり、「蒙古タンメン中本」のようにファンが後を継いだのかと勝手に考えていたんですが、そうではなかったんですね。 このあたりの話や、常連が気づくような店の差異についてはここでは取り上げない。

13

【立ちそば放浪記】見た目も豪華な天ぷら祭り! 夫婦(めおと)そば屋『とんがらし』

🖐 お、良い外見だなぁ〜 粘性のあるとろろ啜りながら ひもかわに合わせると おいしいなぁ〜 冷しにしたおかげで 麺の躍動感が増しますね! 別皿にした天ぷらも 相変わらずの美味しさで 素晴らしい! 初めてここで食べた時の 衝撃を明快に思い出しますが もう14〜5年 経っているんですよね〜 やっぱり 東京最強の立ち食いそばです! ********************************** 夏休明け初とんがらし いつもの茄子盛りひもかわセイロ 相変らず美味しいですね〜 火の通し方が前よりちょっと深くなりました それでも、ジュウジュウ云ってる天ぷらで ひもかわいただくのは何者にも代え難いものが有ります。

20

立ち食いそば散歩(163) 水道橋「とんがらし」で、名物「天ぷらもりあわせ」を大盛で食す

😉 天ぷらを揚げるのに時間が掛るので、食べている人よりも待っている人の方が多い。 ごちそうさまでした 「とんがらし」に最初に行ったのは創業間もない1999年頃だった。

【立ちそば放浪記】見た目も豪華な天ぷら祭り! 夫婦(めおと)そば屋『とんがらし』

🖐 なんだか頭の悪い表現ですが、そうとしか言いようがないのです。

6

平日午前11時半、彼女たちは水道橋「とんがらし」を目指す

😚 二代目の店主の樋口さんはそば店の店主としてはかなり異色の経歴の持ち主であることがインタビューから分かります。 出来上がったら受け渡しカウンターで受取り、精算するキャッシュオンデリバリーだ。

15

立ち食いそば散歩(163) 水道橋「とんがらし」で、名物「天ぷらもりあわせ」を大盛で食す

👍 個人的には「とんがらし」は「東京の良心」、「キセキの天ぷらを出す立ち食いそば屋」だといつも思っている。 「そば、うどん」と書かれた藍色ののれんをくぐるとすぐに漂ってくる美味しそうなダシの香りがたまりません。

9

とんがらし@水道橋

😊 「ひもかわ」とは幅広のうどんで、こちらの「ひもかわ」はきしめんほどは薄くないものの、平べったい。

5