【7069】初値の暴騰が予想されるIPO「サイバー・バズ」(Cyber Buzz)を徹底分析。5000円以上の株価がつく可能性は高い!!

📲 売上高の推移をみると自社のサービスが収益源の要となってきていることがわかる。

15

「サイバー・バズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のSNSマーケティング企業との比較や予想まで解説!|IPO株の銘柄分析&予想|ザイ・オンライン

👍 ・2019年9月期は、第3四半期時点で売上2,194百万円、経常利益352百万円を達成しています。

4

サイバー・バズIPOのBBスタンスとIPO評価!ネット関連IPO!

☯ クライアント企業は、同サイトを通して自身の商品・サービス体験やイベント招待などの機会を提供し、それに応募・参加したポチカム会員が感想等をソーシャルメディア上で発信することで、多数のクチコミを創出し、一般消費者への情報の拡散や宣伝の支援を行っている。

17

サイバー・バズ(7069)のIPO情報&初値予想!

🙃 このような環境のなか、同社グループでは「NINARY」「Ripre」「ポチカム」「to buy」といったInstagramを始めとした各SNSプラットフォームにおけるインフルエンサーを企業マーケティングへ活用する「インフルエンサーサービス」、企業の保有するSNSアカウントの企画・コンサルティングを含めた運用代行を行う「SNSアカウント運用」、「インターネット広告代理販売」及びInstagramに特化した戦略子会社「株式会社glamfirst」の4つのサービスを展開しており、企業がSNSプラットフォームを通して消費者へ行うマーケティング活動を総合的に支援している。

サイバー・バズ(7069)初値予想,IPOの定量的な評価及び分析【9月19日上場】

⚠ 幹事証券は、こちらです。

11

サイバー・バズ(7069)IPO初値予想

💕 同サービスの今後の成長にも期待が寄せられており、全体の売上高向上にも貢献していくだろう。 特筆すべきはやはり「サイバーエージェント」です。 NINARY会員は、Ripre会員やポチカム会員と比較して、フォロワー数や知名度の点で同社のインフルエンサー会員のなかで最も強い影響力を持っており、ソーシャルメディア上での投稿について同社から報酬を支払っている。

1

「サイバー・バズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のSNSマーケティング企業との比較や予想まで解説!|IPO株の銘柄分析&予想|ザイ・オンライン

👌 主要なECメディアやクライアント企業サイトへ送客し購入が発生した場合、購入額の一部が手数料として同社に支払われる。

18