ASMR

😛 2012年11月28日閲覧。 で心理学との講義を担当するトム・スタッフォードは『』紙において、ASMRは実在すると主張する層に一定の理解を示しながらも、1990年代に入ってから検証が進んだを例に挙げ、ASMRのような誰もに一様に起こるわけではない内的反応の解明は困難だろう、と見通しを示した。 2015年に日本のインターネットメディアで言及された。

14

ASMR

💅 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

6

ASMR

💅 O'Connell, Mark 2013年2月12日. 2019年3月にとquantumがASMRを扱うオーディオレーベル「SOUNDS GOOD」を設立した。 gizmodo 2017年8月19日• Simons, Hadlee 2012年8月16日. ASMR UNIVERSITY 2016年9月5日• Mendonsa, Cristina 2013年5月6日. 2013年10月13日閲覧。

7

ASMR

😆 2013年10月13日閲覧。

4

ASMR

😙 2012年12月2日閲覧。

ASMR

😋 炭酸飲料を飲む時の音 医学的な効果は不明であるが、が軽減されたという研究もある。 New England Skeptical Society. Tufnell, Nicholas 2012年2月27日. 2018年2月15日放送の『』でがASMRを紹介したり 、2019年3月17日放送の『』で「究極のASMR」動画を制作する企画が行われるなど 、テレビ番組でも扱われるようになった。 神経学が専門での立場からの発言も多いの ()は、を扱う自身のブログでASMRを取り上げ、ASMRは脳内の電気活動に軽い異常(seizure)が起き、それが快感として捉えられているのではないか、と推測した上で、実際に何が起きているのかについてはやを用いた調査が必要だ、と述べた。

20

ASMR

🤗 またサター神経科学研究所で睡眠に関する問題を専門にしているAmer Khanは、ASMRビデオが寝つきをよくする手段として用いられている問題に触れ、こうした行為は良質の睡眠が得られないうえ、発生器や、赤ん坊ならを使用するのと同様、常用癖がついてしまうおそれがあると指摘している。

6

ASMR

😩 日本での普及 [ ] ASMRという言葉が生まれる以前の2000年代後半にはすでに、などの動画サイトにおいて「音フェチ」などという言葉で一定の知名度を得ていた [ ]。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• Engadget 日本版 2019年2月19日• ASMR動画の制作・投稿者は「ASMRIST(アスマーリスト)」 、「ASMRtist(エー・エス・エム・アーティスト)」 などと呼ばれる。