コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

♨ 現在も恐るべきスピードで感染が拡大しており、2020年1月31日にはWHOが「国際緊急事態」を宣言、2月3日には死者がSARSを超えたことが発表されるなど、いまだ収束への出口が見つからない状況である。 草地、邸宅、田畑、都市を気の向くままに手に入れる。 当時、ソビエトを中心した東側諸国と米国を中心とした西側諸国の冷戦、オイルショック、公害問題など、将来に対する不安がありました。

的中したノストラダムスの予言!2017年の予言と恐怖の大王の正体

👆 ただ10年後にまた現れるわけですが。 そして、環境問題、核兵器、彗星など、「恐怖の大王」の候補とされている各説について検証を行っている。 画像:NASA 不死鳥という意味の名前を持つ「ベンヌ」という小惑星は、1999年にカナダの人工衛星「NEOSSat」によって発見されました。

コロナの預言者まとめ!アキラ、イルミナティカード、松原、ノストラダムス・・・

⚒ 彼の書いたものに、以下のような予言が見つかったというのです。

ノストラダムスの大予言が言ってた恐怖の大王って、まさか、新型コロナウイルスだ...

🤐 他にも森林火災や大規模暴動、バッタの大群の襲来、アメリカ大統領選の混乱など、さながらの事象が畳みかけるように人類に降りかかってきた。 つまり誰かが「ノストラダムスの言葉」として捏造した可能性が高いということですね。 『ウィキペディア(Wikipedia)』 1999年7の月 空から恐怖の大王が降ってくる アンゴルモアの大王を復活させるために その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに 支配に乗り出すだろう ノストラダムス 1973年といえば、私が小学校6年生。

17

2021年はどうなる?星占術師、予知能力者・ノストラダムスによる予言 (2020年12月3日)

💙 1973年に祥伝社から発行された五島勉の著書で、フランスの医師・占星術師ノストラダムスが著した『予言集』(初版1555年)について、彼の伝記や逸話を交えて解釈する、という本でした。

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

⚛ 当時、死の病として恐れらた「ペスト(黒死病)」がネズミを媒介としていることにいち早く気づいた人物としても知られています。 世界サミットがセックススキャンダルと、極右勢力の台頭で混乱するビジョンも浮かんだ。

コロナウイルスの未来人2062の予言!東京オリンピックは開催?

😒 新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪開幕まで1年を切った24日夜、少しでも社会を明るく盛り上げようと、秋田県や東京都など各地で花火が一斉に打ち上げられた。 その中で、大分県にある「武漢の森」の映像を、新型コロナウイルスがはじまるよりも前に見たと報告していました。 つまりその能力をアメリカの警察も認めていたというわけです。

8

ノストラダムス研究者・五島勉は30年前に現在の米中を予言していた!?

❤️ これは仮説、考察です 1999年7月、 空から恐怖の大王が来るだろう、 アンゴルモアの大王を蘇らせ、 マルスの前後に首尾よく支配するために。 つまり「2019年の冬から武漢で疫病が発生し、天地がひっくり返るような災害となり、大勢が死ぬ」と解釈できる。

6

特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

🤛 新型コロナウイルスの預言者まとめ まずは、もっともインパクトがあるAKIRAの予言から紹介していきます! AKIRAが伝染病の理由で2020年オリンピック中止を予言! 「AKIRA」の連載がスタートしたのは1982年。 ババ・ヴァンガの残した2020年の予言にも、今回の騒動を示唆しているような文章があるのだ。 まとめ 以上、 新型コロナウイルスに関する、未来人2062の予言とメッセージについてまとめて紹介してきました。

7