鳥インフルエンザ関連情報/茨城県

🤜 また、鳥インフルエンザの発生を受けて、県は養鶏場などに対し、野鳥や小動物が農場に入らないようネットなどの点検や補修を行うことや、消毒の徹底を呼びかけています。 経緯 (1)2月1日、茨城県は死亡鶏が増加した旨の通報を受けて、当該農場に対し移動の自粛を要請するとともに農場への立入検査を実施。

18

茨城・城里で鳥インフルエンザ 鶏84万羽を殺処分へ

😈 ・農場内を点検し、家畜伝染病予防法第12条の3第1項の飼養衛生管理基準がすべて遵守されて いることを確認した上で、県の立入検査によって確認を受けること。 特に、ヘリコプターやドローンを使用しての取材は防疫作業の妨げとなるため、厳に慎むようお願いいたします。 出荷するのは食用卵や食肉加工用で、二次的な感染拡大の可能性は低いという。

2

高病原性鳥インフルエンザ発生農場に対する行政指導について/茨城県

☺ 県は自衛隊の災害派遣を要請し、飼育されている鶏をすべて殺処分する。 外部リンク (2)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むよう御協力をお願いいたします。 農場及び家きん舎周辺の整理整頓 小動物の隠れ場所をなくしましょう。

茨城で鳥インフル、84万羽殺処分へ 自衛隊に派遣要請:朝日新聞デジタル

😩 高病原性鳥インフルエンザ発生農場に対する行政指導について 高病原性鳥インフルエンザが発生した城里町の農場に対し、家畜伝染病予防法第12条の5の規定に基づき、下記のとおり指導・助言を行いました。

10

茨城 城里町の養鶏場で鳥インフルエンザ 約84万羽殺処分開始

😭 当該農場は、農家から通報があった時点から飼養家きん等の移動を自粛しています。

18

環境省_茨城県の死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス検査陽性事例(野鳥国内47例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について

✍ 日本では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。 搬出制限対象の農場は水戸や那珂、城里、笠間、常陸大宮の計5市町内の14戸 同約91万羽。

茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内41例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について:農林水産省

😜 県によると、この養鶏場では採卵用の鶏約84万羽が飼育され、産出額で全国有数の同県内でも最大規模。

12

茨城県城里町で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内41例目)に係る搬出制限の解除について:農林水産省

💙 それぞれの相談窓口にお問い合わせください。

6

茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について(41例目)(R3.2.2確認)

🤫 (2)同日、当該鶏についてインフルエンザ簡易検査を実施し陽性。 令和2年度 高病原性鳥インフルエンザ国内発生事例について 更新日:令和3年3月4日 国内の家きん飼養農場で高病原性鳥インフルエンザが発生しています。

15