源氏物語

⚡ 母は桐壺帝の姉妹であり、源氏とは従兄妹同士となる。

源氏物語

🙌 作者は紫式部ではないとする説の根拠の一部は以下の通り。

8

源氏物語

🤟 という記述についても、「輝く日の宮」が別個にあるのではなく、それは現在の「桐壺」巻の第3段である藤壺物語を指し、「輝く日の宮」を「桐壺」巻から分離し第2巻とし、これをとし、「空蝉」巻を包含した形の「帚木」巻と「夕顔」巻とをそれぞれ並一・並二として扱う意味であると理解しようとした。 第二部:愛情生活の破綻による無常を覚り、やがて出家を志すその後半生と、源氏をとりまく子女の恋愛模様• 源氏(真実には柏木)と女三宮の子。

11

源氏物語

✆ (詳細はを参照)の著した、通常54帖(詳細はを参照)よりなるとされる。 ウェイリー訳は、各国で広く重訳 され、現代日本語で再訳された『 ウェイリー版 源氏物語』は 各・全4巻で、(佐復秀樹訳、、2008年9月 - 2009年3月)および(毬矢まりえ・森山恵訳、、2017年12月 - 2019年7月)がある。

源氏物語

💖 優れた作品が存在し、それを好む多くの読者が存在する以上、『源氏物語』の享受はそのままこれに続く小説作品の成立という側面を持った。

源氏物語

⌛ その後、明治時代に入ってからによる「源氏物語の本旨は夫人の評論にある」といった理論が現れた。 は、『』『』『』『』『』『』など当時存在した多くの物語の加筆状況を調べたうえで、「そもそも、当時の『物語』はひとりの作者が作り上げたものがそのまま後世に伝えられるというのはむしろ例外であり、ほとんどの場合は別人の手が加わった形のものが伝えられており、何らかの形で別人の手が加わって後世に伝わっていくのが物語のとって当たり前の姿である」として、「源氏物語だけがそうでないとする根拠は存在しない」との見解を示した。 池田亀鑑の解説を加えたものが、1954年10月から1955年8月にかけて『全訳源氏物語』として、全9冊でから出版されており、1971年8月から1972年2月にかけて全3冊に合本・改版され重版した。

20

源氏物語

❤️ 近代に入ってからも、さまざまな形で「源氏物語の一部分は紫式部の作ではない」とする説が唱えられてきた。 ひとつは藤原定家によるもので、その成果が「青表紙本」系本文であり、もうひとつが河内学派によるものでその成果が「河内本」系の本文である。

15